最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

インド人の頭ん中 (中経の文庫)

  • 52 読みたい
  • 20 現在読んでいるもの

発行元 沼津マリー .

    Download インド人の頭ん中 (中経の文庫) 本 Epub や Pdf 無料, インド人の頭ん中 (中経の文庫), オンラインで書籍をダウンロードする インド人の頭ん中 (中経の文庫) 無料で, 本の無料読書 インド人の頭ん中 (中経の文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 インド人の頭ん中 (中経の文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  冬野 花
    • レーベル:  中経の文庫
    • 発売日:  2013年10月21日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4332746400300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    お寺にギラギラ電飾、列車の中で思いっきり料理、神様には「タメ口」……ナゾ多き大国インドでは、毎日が奇想天外の連続! でもそこには、知れば知るほどふか~いワケがあるのです。じっくり住んでみてこそ、旅行や出張では見えないリアルなインド人の姿が見えてくる。ヒンディー語を話しながら、首都デリーで暮らす著者がつづる爆笑エッセー。

あなたも好きかもしれません

インド人の頭ん中 (中経の文庫) by 沼津マリー ダウンロード PDF EPUB F2

なぜか前日に「ラクシュミー」でググり、日本では吉祥天女らしいと知ってからの購入でした。
ゲームキャラとしての日本のラクシュミーもかわいいのでシフトしそうでしたが。
楽天の荷物を待つあいだに「日の名残り」を電子書籍で読んで落ち込んでいたのですが、冒頭で潮目が変わりました。そうだったのかラクシュミー。
タゴールの提言もユーモラス。でも哲学。
最近のインドニュースを見ては「ユクテスワ。これでゎパラマハンサの偉業も使い果たしてしまふと思ふ」と思っていたので、ジョブズとベゾスの起点のことも案じて読んでたのよ「日の名残り」。
ジーザス。
「中身がない」と感想しているレビューも読みましたが、2000年以降の紀行文ですからね。
これからの新解釈と発見にも期待します。
「日の名残り」でも、親父世代の梯子型執事と違って私達世代執事は人類の進歩に貢献するようなサークルの中心に仕えたいとか言ってるし。(笑)
気分転換になりました。