最後に編集されたのは 管理者
14.12.2020 | 歴史

夜想 (文春文庫)

  • 90 読みたい
  • 77 現在読んでいるもの

発行元 貫井 徳郎 .

    Download 夜想 (文春文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 夜想 (文春文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 夜想 (文春文庫) 無料で, 本の無料読書 夜想 (文春文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 夜想 (文春文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  貫井徳郎
    • レーベル:  文春文庫
    • 発売日:  2014年05月28日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000001035
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    事故で妻と娘を失い、毎日を惰性で生きる雪籐(ゆきとう)。ある日落とした定期を拾ってくれた若い女性に、雪籐は胸を衝かれた。彼女は涙を流し「あんまりかわいそうなので、つい……」と言ったのだ。その女子大生・天美遙は、物に触れるとそこに籠もった“思い”を読み取る不思議な能力を持っていた。悩む人の相談にのる彼女の力をもっと広く役立てようと、雪籐は仕事をやめ、会をつくるが…これは新興宗教の誕生なのか? 魂の救済を描く、圧巻の感動巨編。

あなたも好きかもしれません

夜想  (文春文庫) by 貫井 徳郎 ダウンロード PDF EPUB F2

「慟哭」で衝撃を受けた貫井徳郎さんの小説。
主人公は妻と娘を失った雪籐。そんな彼が不思議な力を持った女子大生の遥と出会い、変わっていく様子が描かれています。
作品の最後は想像できなかったけど、とてもいい終わり方だと思いました。
苦しくても自分を救うのは自分自身だということ。自分が変わることで回りも変わって見えてくるということ。大変興味深く読ませてもらいました。